HOME > 園について > 保育について

保育について

子供たちの豊かに伸びる可能性を大切にし、生きる力、
望ましい未来を作り出す力の基礎を育てる保育を目指します。

心豊かでたくましい子

「保育理念」

家庭的な雰囲気の環境づくりを大切に、
異年齢児との関わりを中心とした保育を行うなかで、
子ども達がのびのびと過ごせるよう、愛情に満ちた保育を心がけていきます。
又、昔から「三つ子の魂百まで」といわれているように、三歳までの躾が、人間形成の基礎を培う重要な時期であるという認識にたち、
一人ひとりの個性に応じた心身のよりよい発達を願いながら、
楽しく安心して暮らせる場を創っていきます。

「施設運営の方針」

1.地域の保育需要に応える為、自己研鑽を積む。
2.ニーズに応じて、延長保育、一時保育、障害児保育等を積極的に取り組む。
3.年齢に合った保育を心掛け、のびのびとした子供を育てる。

「保育目標」

1.意欲的な子(知 育)
・・・・・五感を使い好奇心を探求し何事にも挑戦するし、自分から行動できる子
2.思いやりのある子(徳 育)
・・・・・人や命あるものと関わる中で、思いやり、優しい気持ちがもてる感情豊かな子
3.元気な子(体 育)
・・・・・よく食べ、よく遊び、よく寝る丈夫な子

◎十分に整った環境の中で、子ども達の様々な欲求を適切に満たし、生命の保持、情緒の安定を図ります。
◎生活に必要な基本的な生活習慣や態度を養い、心身ともに健康な基礎を養います。
◎人と関わる中で、人に対する愛情と信頼感を育てると共に、自主、協調の態度を養います。
◎自然や社会現象に親しみ、興味・関心を育て豊かな心情や志向の基礎を培います。
◎言葉への興味・関心を生活の中で育て、話したり、聞いたりする態度や豊かな言葉を養います。
◎様々な体験を通して、豊かな感情を育て、創造性の芽生えを培います。

その他の詳細情報